レンタルサーバーでデータ消失事故が起こってしまった時の対処法

データ消失事故は結構な確率で起こります

この記事を書いている現在、私の頭の中で記憶に新しいのは2012年6月20日に発生したビジネス向けレンタルサーバーサービス「ファーストサーバ」の大規模データ消失事故です。

このデータ消失事故の顛末は、サーバーメンテナンス中に誤って「全てのデータを削除」してしまったというお粗末なものでしたが、こういった事故は結構な確率で起こるものだなと私に再認識させてくれる事件でもありました。

そう、24時間365日稼働し続けるサーバーも、結局人の手でメンテナンスをしなければならないのです。

そして人の手で作業を行うということは、必ずどこかでミスを犯す可能性があるということです。


バックアップで復旧できるか確認しましょう

もしも自分の身にデータ消失という最悪の出来事が降りかかってしまった場合、まずはレンタルサーバー側でバックアップを取っているか、そしてそれを復旧できるのかを確認しましょう。

もしそれができるなら一安心、何日か分はデータが巻き戻ってしまいますが、全てがゼロになるという最悪の事態は防ぐことができます。

逆にレンタルサーバー側でバックアップができない、またはバックアップを取っていないというのなら、自分でバックアップデータを保存してないか確認しましょう。

自分で取ったバックアップというのは大抵の場合、結構古いデータになってしまいますが、それでもゼロリセットよりはいくらかマシなはずです。

条件が揃えば、レンタルサーバー側に賠償金の支払いを命じることもできます

ちなみに次のような条件の時、データ消失によって発生した損害の内、幾分かをレンタルサーバー側に支払わせることも可能でしょう。

  • データ消失事故がレンタルサーバー側の過失により発生した
  • レンタルサーバー側にバックアップデータが存在しない
  • 自分の側にバックアップデータが存在する

要は、ユーザーである自分の側に一切の過失が無く、損害が一方的にレンタルサーバー側の手によってもたらされた場合、レンタルサーバー側に賠償金を支払わせることができるだろうということです。

ただもちろん、レンタルサーバー側もバカではないので、こういった損害に対しての補償上限額などを約款に記載してあることが殆どですけれどね。

バックアップが存在しない場合の対処法は・・・?

ちなみに、レンタルサーバー側にも自分の側にもバックアップデータが存在しない場合は、全てを諦める他ありません。

事実、冒頭で述べたファーストサーバのデータ消失事故の時には、そういった企業や個人事業主のような方が数多くいらっしゃったようです。

「ダウン直前まで途切れることなく入ってきた注文を考えると、かなりの損害になる。万単位の顧客データもゼロスタートになり、正直途方に暮れています。言いたいことは、『元に戻してほしい』ですかね。言ってもしょうがないですが。大事なお客様とのつながりが断たれてしまい、信用を失ったことが何よりショックです」

引用元:日本経済新聞Web版

どれだけ泣き言を言おうと、存在しない物は元には戻せません。

当たり前のことが、とても恐ろしく思えますね。

バックアップの体制を整えておくことが唯一にして最高の対処法です

このように、万が一のデータ消失に備えてバックアップの体制を整えておきましょう。

具体的には、まず第一にバックアップ機能を有するレンタルサーバーを使うようにすること。

自動バックアップでも手動バックアップでも構いませんので、とにかくレンタルサーバー側にバックアップデータを保有させること。

そして次に、1ヶ月に1回程度でも良いので、自己バックアップを取ってそのデータをダウンロードして保管しておきましょう。

そうすれば「データ消失事故によるゼロからのスタート」という最悪の事態だけは避けられるはずです。

データ消失に関しては、事故が起こる前に対処しておくのがとても重要なのだと覚えておいてください。

>> 管理人による特別無料SEO相談はこちら

[PR]


このページの先頭へ