外部SEO(被リンク対策)はどこまでやるべきか?

現在でも有効な外部SEO対策

一昔前までは検索順位に対して絶対的な力を持っていた外部SEO対策。

最近では検索アルゴリズムの進化によって外部SEO対策が及ぼす影響も小さくなってしまいましたが、それでもまだまだ有効なSEO対策の1つとして数えられています。

そんな外部SEO対策ですが果たしてどこまでやるべきなのか、やって良いのか、本記事でご説明して行こうと思います。


Googleは自然な被リンクを評価しています

まず大前提として、Googleは被リンクに対して次のようなスタンスを取っています。

  • 自然に付けられた被リンクは評価の対象
  • 作為的に付けられた被リンクはペナルティの対象

要は、ヤラセ無しで付けられたリンクこそ、真に評価すべき被リンクだとGoogleは言っているのですね。

Googleは被リンクの種類を見分けられない!?

しかし、現在のGoogleのアルゴリズムでは自然な被リンクと作為的な被リンクを見分けることは出来ていません。

そしてそれは恐らく今後も100%の精度では行えないと私は思います。

というのも、そもそも全てのリンクに種類を付けることなど技術的に到底無理な話だからです。

仮想的に被リンクの種類を判別する方法ならいくつかありますが、それはせいぜい目安程度の物で100%の精度を誇るものではありません。

ですので、例えば自分が所有する関連サイトからのリンクや、他のサイト管理者様に相互リンクのお願いをする程度なら、私はやってしまって良いと考えます。

こういったリンクは作為的ではありますが、サイトに訪れるユーザーに対して関連サイトへの案内にもなるため、ある意味ユーザーのことを考えた施策とも言えます。

若干グレーな考え方ですが、恐らくこういった類のリンクをGoogleはペナルティの対象とはしないでしょう。

ただし、外部SEO対策のやり過ぎは厳禁です

ただしもちろん、外部SEO対策をやり過ぎるとGoogleがあなたのサイトをブラックリストに載せてくる可能性があります。

実はGoogleって肝心なところは人間の目と手で作業しているので、ブラックリストに載ってしまうと機械では判断できずにスルーされていた被リンクの種類を全て調べられてしまうのですね。

そうならないように、外部SEO対策を行う際には限度を考えて行うようにしましょう。

ちなみに私の場合、外部SEO対策は「思いついた時」にやるようにしています。

つまり、気まぐれです(笑)

気まぐれにやるぐらいの方がペナルティの心配も無く、また本当に力を注ぐべき内部SEO対策の方に集中できるので良いと思いますよ。

▼管理人も使っている!超良コスパのレンタルサーバーはこちら!10日間お試しアリ▼

【エックスサーバーの代表的なプランの一例】
初期費用(税抜) 月額(税抜) 容量 転送量(日)
3000円 1000円 200GB 70GB
MySQL マルチドメイン サポート お試し期間
50個 無制限 電話/メール 10日間

エックスサーバー10日間お試し登録

▼アフィリエイトで稼ぐための極意を伝授!▼
ASPおすすめ