SEOに強い記事タイトルを付けるコツ、ロングテールSEOとは何か

記事のタイトルをいい加減に付けてはいませんか?

駆け出しのブロガー、アフィリエイターの方の多くが、記事のタイトルをいい加減に付けている傾向にあります。

でも実は、記事のタイトルをちょっと工夫するだけで、サイトへのアクセス数を100倍にも200倍にも増やすことができると言ったら皆さんはどう思いますか?

本記事では、一生懸命記事を書いているけれども一向にアクセス数が増えないといった方のために、SEOに強い記事タイトルを付けるコツを重点的にご説明して行きたいと思います。


SEOに強いタイトルの特徴

まず最初に断っておきますと、100倍200倍という数字はけして誇張でも何でもなく、いい加減な記事タイトルとしっかりと考えられた記事タイトルとでは本当にそのぐらいの差があるのです。

例えば、次のような記事タイトルはSEOに強い記事タイトルだと言えます。

「渋谷駅の近くで美味しい日本酒が飲めるお店を見つけました!」

この記事タイトルがSEOに強い理由は、記事タイトルの中に次の要素が入っているからです。

  • 場所
    →○○駅、○○山、○○市、など・・・
  • 目的
    →日本酒、ワイン、焼酎、など・・・
  • 目的を評価する形容詞
    →美味しい、人気の、おすすめの、など・・・

このような複数のキーワードを記事タイトルに含めることを、一般的に「ロングテールSEO」と呼んでいます。

ロングテールSEOがSEOに強い2つの理由

ちなみに、何故こういったロングテールSEOがSEOに強いかと言いますと、次の2つの理由があります。

  1. 大手のWebサイトが競合にならない
  2. よりニーズの強いユーザーを囲い込める

1つ目の理由として、大手のWebサイトは単一のキーワードにはとても強いのですが、こういった複数のキーワードによる絞り込み検索には弱い傾向にあります。

その弱いポイントに焦点を絞ることで、大手のWebサイトを差し置いて検索上位に表示させることができるのです。

例えば「日本酒」のみでGoogle検索をした場合、上位に表示されるのはWikipediaや楽天市場などの超大手のWebサイトでしょう。

しかし「渋谷 日本酒 美味しいお店」のように検索をすると、大手Webサイトに混じって個人の方のブログなどもちらほらの検索上位に上がってくることが分かると思います。

そして2つ目の理由として、このように複数のキーワードを使って検索をしてくるユーザーというのは、その内容に対するニーズがとても強い傾向にあるのです。

ニーズが強いということは、仮に自分のサイトの記事でその人を満足させられたのなら、そのまま自分のサイトの固定ユーザー(リピーター)になってくれる可能性が高いということです。

これがロングテールSEOがSEOに強いとされる理由ですね。

さらにインパクトを付けることで、ユーザーの興味を惹きつけよう

さらに、検索結果に表示される記事タイトルにインパクトを付けることで、ユーザーが自分の記事タイトルをクリックしてくれる確率を上げることができます。

例えば、次のような記事タイトルがインパクトのある記事タイトルと言えるでしょう。

「美味しさ5つ星!渋谷駅の近くで極上の日本酒が飲めるお店」

ここでのポイントは以下の点ですね。

  • 数字を使う
    →5つ星、6大学、7つの習慣、など・・・
  • 意味の強い言葉
    →極上、究極、最高、など・・・

何故インパクトのある記事タイトルにするとユーザーのクリック率が上がるのか?

まず、タイトルの中に具体的な数字が入っていると、よりユーザーの頭の中で内容をイメージしやすくなると言われています。

近年のベストセラー書籍には、こういった具体的な数字が入っている本が多いので、確かに効果のある手法なのでしょうね。

同様に、言葉として特に強い意味を持つ単語も、ユーザーのイメージを大いに助けてくれます。

イメージしやすくなるということは、それだけユーザーの中でその記事に対する興味が大きくなりやすくなるということです。

ですので、インパクトのある記事タイトルを付けるとユーザーの興味を惹きやすくなり、それがクリック率の高さに繋がる・・・といった理屈ですね。

キーワードの盛り過ぎには注意

ただし、インパクトを盛り過ぎるとタイトルに含まれるキーワードが多すぎて逆にSEOに弱くなってしまう場合もありますから、必要に応じて適度に付けるようにしましょう。

基本的には、SEOの強さが最優先事項で、インパクトの有無は余裕がある時に考えれば良いと思いますよ。

ロングテールSEOこそ、大ヒットWebサイトを作るための最終兵器!

ブログやアフィリエイトを始めたばかりの人がまず最初に絶望するのが、今ある超大手Webサイト(自分の競合サイト)との圧倒的な戦力差だと思います。

「こんなサイトがあるんじゃ、自分が一番になるのは難しい・・・」

そう思うのも無理がないほど、最初の戦力差というのは絶望的なものです。

しかし、このロングテールSEOを極めれば、どれだけサイトの戦力差があっても一発逆転することが可能なんです。

ロングテールSEOこそ、弱小サイトを超大ヒットサイトに作り変えるための最終兵器と言っても過言ではありません!

初めはニッチなテーマから取り上げていって、ある程度アクセスが増えてきたら人気のあるテーマも取り扱うようにして、そうやってコツコツと積み上げて行けば、気がつけば有名サイトの仲間入りですよ。

何事もチャレンジです、がんばってみてくださいね。

>> 管理人による特別無料SEO相談はこちら

[PR]


このページの先頭へ