検索上位を独占するSEO対策の方法

適切なSEO対策を行って検索上位を狙いましょう

現代におけるWeb業界は、検索という行動によって支えられていると言っても過言ではありません。

と言うのも、以前のインターネットは、雑誌や口コミなどでそのページのアドレスを仕入れて、それを直接アドレスバーに入力して訪問するというのが主な使い方でした。

ページの持ち主から「私のページはここにありますよ」と教えてもらわなければ、そのページにアクセスすることが難しかったのです。

しかし、2000年あたりにGoogleという検索エンジンが登場してからは世界のWebサイト事情は大きく姿を変えました。

例えばユーザーが「美味しい卵焼きの作り方を知りたい」と思えば、検索エンジンは卵焼きのレシピや美味しく作るコツなどが書かれたページを1秒も掛からずに表示してくれます。

また、とある芸能人のホームページが見たいと思えば、やはり検索エンジンはその芸能人のホームページへのリンクを素早くユーザーの目の前に表示しますし、ついでにその芸能人の写真・画像なんかも表示してくれます。

このように、以前のインターネットでは「まずアドレスを知り、そしてアクセスする」という流れだったのが、今では「まず検索をして、そしてアクセスする」という流れに変わったのですね。

つまり、現代のインターネットという場においてWebサイトを作って何かを成功させようと思うのならば、この検索というユーザーの行為に自分のサイトを深く絡めていかなければならないのです。


検索上位を独占するSEO対策の方法とは?

現在、Googleの検索順位は200以上のアルゴリズム要素によって決まると言われています。

ただその中でも、特に今後重要になってくるであろう要素をしっかりと押さえられれば、あなたのサイトのページで検索上位を独占することも可能なのではないかと私は考えます。

それには次のような方法をとる必要があるでしょう。

  1. 記事タイトル、本文ではその記事のテーマ(キーワード)を意識する
  2. 自然な文調で、比較的長めの文章を書く
  3. 必要であれば随所に説明用の画像を入れていく
  4. 参考文献などへのリンクはきちんと貼る
  5. 適切かつ適度なバックリンク(被リンク)を受ける

検索上位を独占する方法その1 記事タイトル、本文ではその記事のテーマ(キーワード)を意識する

Googleのウェブマスター向けガイドラインにもあるのですが、記事を書く時のテーマはユーザーが実際に検索窓に入力しそうなキーワードを意識することが重要です。

デザインとコンテンツに関するガイドライン

・ユーザーがあなたのサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含めるようにします。

引用:ウェブマスター向けガイドライン – Google

例えば本記事でしたら「検索上位」「SEO対策」「方法」あたりが狙っているキーワードになりますね。

Googleは、ハミングバードと呼ばれる検索窓に入力されたキーワードの真意を探るようなアルゴリズム(※)の開発も進めていますが、それでもやはり直接的なキーワードでSEO対策をした方が効率が良いです。

※例えば、ユーザーが「日本一高い山は?」と検索した場合に、「富士山」に関するページを検索上位に表示するようなアルゴリズムのことです。

検索上位を独占する方法その2 自然な文調で、比較的長めの文章を書く

Googleは不自然さを嫌います。

どこからが自然でどこからが不自然かと言われると個人差もあるのではっきりと断言はできないのですが、とにかくGoogleの検索アルゴリズムは不自然なものを嫌う傾向にあります。

ですので、狙ったキーワードを文章の中に詰め込み過ぎたり、あまり関連の無い話題で文章量を膨らませるような真似は止めましょう。

あくまでも人間が人間のために書いた文章を、Googleはもちろんユーザーも求めています。

その上で、ユーザーが満足できるぐらいの情報量が詰まっているのなら最高ですね。

検索上位を独占する方法その3 必要であれば随所に説明用の画像を入れていく

画像というのは、無いよりかはあった方がユーザーの記事に対する興味や理解度をいくらか引き上げます。

適切な場所に貼られた適切な画像は、ユーザーにより高い満足感を与えることに一役買ってくれるのです。

ちなみに、男性は画像より文章が主体の記事を好み、女性は文章より画像が主体の記事を好む傾向にあるそうです。

その辺りも含めてサイト作りを考えたいですね。

検索上位を独占する方法その4 参考文献などへのリンクはきちんと貼る

もしあなたが他人の記事や写真を自分の記事に引用する場合、それが引用だと分かるようにしっかりと明記して、引用元へのリンクを貼るべきです。

例えば、本記事では上の方でGoogleのウェブマスター向けガイドラインの文章を引用しましたね。ああいう風に、読者にもそれが引用文なのだと一目で分かるように表示するべきでしょう。

そうすれば、引用元に迷惑が掛かるようなこともありませんし、文章にもより高い説得力が宿ります。

結果として、引用文をまるであなたの文章のように偽装した時よりも高い結果を得られるでしょう。

検索上位を独占する方法その5 適切かつ適度なバックリンク(被リンク)を受ける

意図的なバックリンク(被リンク)を構築することは不正行為なので行うべきではありません。

しかし、サイトのユーザーによって付けられた自然なバックリンクは、やはりあなたのページの評価を僅かながらに高めてくれます。

以前ほど効果の無くなったと言われるこのバックリンク対策ですが、それでも無いよりはあった方が絶対に良いですね。

ですので、ユーザーがあなたのサイトを紹介したいと自然と思えるような、そんなコンテンツを作るように心掛けましょう。

SEO対策無しで検索上位を狙う方法

ただし、SEO対策を全くせずに検索上位を狙う方法もあるにはあります。

それは何かしらの分野で成功を収め、先にネームバリューを得てしまうという方法です。

これはテレビや新聞などのメディアが今もよく使う手法なのですが、全くの無名の人間や商品などを「○○で大ヒット!」「今一番注目されている!」みたいな感じで報道するんですね。

するとそれを見た視聴者は、その人の名前や商品名で検索をする訳です。

要はまあ、有名人になればほっといても検索で飛んできてくれるユーザーがいるということです。

中々そういう環境にいる方というのは少ないと思いますが、もしあなたがどこかの業界で有名な人なのであれば、大したSEO対策を行わずとも人気サイト・ブログを作れるかもしれません。

そういうお話です。

基本に忠実、それがSEO対策の秘訣です

昔のSEOと違い、今のSEOはどのサイトがよりユーザーのためになっているかをとても重視している傾向にあります。

コンテンツSEOだのロングテールSEOだのとここ最近は言われていますが、考えてみればそれって普通のことなんですよね。

困っているユーザーがいて、それを助けたいと思う我々ウェブサイト管理者がいる。

だから私たちは記事を書き、コンテンツを作るのです。

もしあなたがSEO対策で迷ってしまったなら、行き詰ってしまったなら、そんな時こそ基本に立ち返って自分のサイトがユーザーのためになっているかを見直してみると良いでしょう。

ぜひがんばってくださいね。

▼管理人も使っている!超良コスパのレンタルサーバーはこちら!10日間お試しアリ▼

【エックスサーバーの代表的なプランの一例】
初期費用(税抜) 月額(税抜) 容量 転送量(日)
3000円 1000円 200GB 70GB
MySQL マルチドメイン サポート お試し期間
50個 無制限 電話/メール 10日間

エックスサーバー10日間お試し登録

▼アフィリエイトで稼ぐための極意を伝授!▼
ASPおすすめ