アフィリエイトで稼ぐための仕組みを考えてみた

仕組みを作って楽に稼ぎたい!

真面目にコツコツとアフィリエイトをやっていると、たまにふと「もっと楽な仕組みが作れないかなぁ・・・」と感じることがあります。

細部まで手間暇掛けて自分の手で作業しているからこそ成果に結びついているというのは分かってはいるんですが、それにしても手間が掛かり過ぎるな・・・と。

もっとこう、手軽で、精度も高くて、それでいて今より半分ぐらい自動化できるような、そんな楽に稼ぐための仕組みって無いものですかね?(笑)

そんな訳で、そんなアフィリエイトで稼ぐための仕組みについて、改めて考えてみることにしました。


稼ぐためのコツは集客とニーズアップ

と言っても、効率の良い仕組みを作るためには、押さえるべきポイントをしっかりと押さえなければなりません。

なので、アフィリエイトで稼ぐためのコツを整理しておきましょう。

アフィリエイトで稼ぐコツその1 集客

まず何よりも大切なのがこの集客という要素ですね。

集客する時のコツは、ニーズの高低は関係無くとにかく大量のユーザーを集めるか、それとも少数でもニーズが高い優良なユーザーを集めるか、このどちらかだと思います。

このどちらかができれば、アフィリエイトは成功するんです。

アフィリエイトで稼ぐコツその2 ニーズアップ

さらに言えば、集客によって集まったユーザーを適切にニーズアップさせられれば完璧と言えます。

ニーズアップの方法は様々で、例えば商品の写真をずらっとディスプレイしておきユーザーの購買欲を掻き立てる方法もあれば、良質な記事を書き、その記事の最後に広告をそっと忍ばせる・・・そんな方法もあります。

どちらかと言えば、前者は大量に集客できるサイト(例えば2ちゃんまとめサイトとかはこれに当たりますね)に向いており、後者は少数のニーズが高いユーザーを集めているようなサイトに多く見られる手法ですね。

このように、集客により集まったユーザーの性質により、このニーズアップの手法も若干変化しますね。

改めて考えてみた、アフィリエイトで稼ぐための仕組み

つまり、上で述べた2点を効率良く行うための仕組みさえ整えれば、アフィリエイトはすでに成功したようなものなんです!

はてさて、どんな仕組みがあるでしょうかね・・・。

集客を効率良く行う仕組み

  1. SEO対策
  2. SNS拡散
  3. 広告出稿
  4. コラボレーション企画
  5. 無料プレゼント実施
  6. 記事寄稿、キュレーションサイトの利用

Web集客の仕組みその1 SEO対策

  • 実施コスト:大
  • 効果期間:中~長期
  • 集客効果:大

集客の仕組みとして、まずはやはりSEO対策ですね。

手間は掛かりますが、正しく対策を行えば長期に渡って多くのユーザーをサイトに呼び込むことが可能です。

奇抜な工夫などはせず、真っ向から集客を行うための仕組みです。

Web集客の仕組みその2 SNS拡散

  • 実施コスト:小
  • 効果期間:超短期
  • 集客効果:小~大(拡散の規模による)

手軽に集客できるとしたら、やはりTwitterやFacebookなどで自分のサイトのURLを拡散していくことでしょう。

これは自分にどれだけのフォロワー(お友達)がいるかに大きく左右されます。

大体感覚としては、フォロワーが200を超えたあたりからSNS拡散の効果が見え始めて来るかな?といったところです。

フォロワーが少ないと思ったように拡散されませんので注意してください。

なお、SNS拡散で集めたユーザーは、SEO対策などで集めたユーザーよりも潜在ニーズの平均値が低い傾向にあります。

それにあまりにもSNS拡散をし過ぎると、フォロワーたちが「拡散疲れ」してしまう可能性も高いです。

ですので、物凄く良いことが書いてある記事だけに絞ってSNS拡散を狙っていくと良いかもしれませんね。

Web集客の仕組みその3 広告出稿

  • 実施コスト:小(ただし金銭的な負担が追加で掛かる)
  • 効果期間:短~長期(広告出稿期間中のみ)
  • 集客効果:中~大

上で挙げたSEO対策の効果を強制的に発揮させるのがこの広告出稿という手段です。

普段私たちアフィリエイターがよく取り扱うバナー系の広告から、Google AdWordsのような検索結果連動型の広告(通称PPC広告)まで、その形態も様々です。

ただ、この広告という仕組みは上手く使えば絶大な効果を得ることも可能なのですが、掲載される媒体を適切に選び且つ人の興味を惹くような広告画像・テキストを用意しなければ、その効果を十分に得ることができません。

ですので、上手く使いこなせるようになるためには相応の時間と費用が掛かるでしょうね。

Web集客の仕組みその4 コラボレーション企画

  • 実施コスト:中
  • 効果期間:短期
  • 集客効果:小~中

他所のサイトやアプリなどとコラボレーション企画を行うというのも、よくある集客の仕組みです。

相互リンクなどよりも積極的にお互いのサイトのユーザーを交換し合え、またイベント感を出すことでユーザーのニーズ・購買欲を底上げする効果なども狙えます。

ただし言うまでもなく、1回のコラボレーション企画による効果は短期的なものですので、他の集客方法と併用して実施していく形になるでしょう。

Web集客の仕組みその5 無料プレゼント実施

  • 実施コスト:小
  • 効果期間:長期
  • 集客効果:中

これは普通の集客とはちょっと意味合いが違い、すでに集まったユーザーの中から見込み客(よりニーズの高いユーザー)に絞って選り分けるための仕組みですね。

他の集客方法が「数の大小」を基準に集めているのに対して、こちらは「ニーズの高低」を基準に集めているのです。

こうして集めたユーザーの情報をリストにしてダイレクトメールを送ったりメールマガジンを発行したりと、次の手(ニーズアップ)に繋げて行くのが常套手段です。

実施期間は短期でも長期でもどちらでも構いませんが、ユーザーリストが結構な数になるまでには時間が掛かりますから、結果的には長期的に実施することになるでしょう。

※効果期間を長期としたのはそのためです。

Web集客の仕組みその6 記事寄稿、キュレーションサイトの利用

  • 実施コスト:小
  • 効果期間:中~長期
  • 集客効果:小~中

他所のサイトに記事を寄稿したり、最近流行りのキュレーションサイト(まとめサイト)などを利用して自分のサイトを宣伝していくのも面白い方法だと思います。

要は、自分が他所のサイトの記事を書き、その記事内に自分のサイトへのリンクを貼ることで、外部サイトからのユーザー流入や外部SEO効果を得ようといった方法です。

自分が書いた記事がSEO効果を発揮するまでは全く集客できないので、自然と中~長期の集客狙いとなってしまいますが、上手く行けば長い期間に渡って集客ができる上に良質な被リンクを得ることができるので、考えようによっては一石二鳥な集客方法です。

ニーズアップを効率良く行う仕組み

  1. 良質な記事を書く
  2. メールマガジン発行
  3. セミナー開催
  4. 期間限定イベント(プレミアム)の実施

ニーズアップの仕組みその1 良質な記事を書く

  • 実施コスト:大
  • 実施効果:大

SEO対策同様、超基本的な手法です。

ユーザーにとって役に立つ記事を書けば、自ずとニーズを高めることができます。

もちろん良質な記事はSEO効果も得られますので、できることなら積極的に採用して行きたいですね。

ニーズアップの仕組みその2 メールマガジン発行

  • 実施コスト:中
  • 実施効果:大

上述の無料プレゼント実施などで集めたユーザーに対してメールマガジンなどを発行するのも有効な手段の1つです。

また、メールマガジン内のリンクは記事中のリンクよりも踏まれやすい傾向にあるため、使い方によってはサイトに記事を追加するよりも大きい効果を期待できると思います。

ただしメールマガジン内の情報がそれなりに良いものでないとあまり効果が得られなかったり、同意を得ていない相手にダイレクトメールなどを送ったりすれば法律違反(※)となってしまうため、運用方法が少し難しいかもしれませんね。

※「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」というのがあります。

ニーズアップの仕組みその3 セミナー開催

  • 実施コスト:特大
  • 実施効果:特大

あなたやあなたの知人が「業界ではそれなりに有名」であるなら、思い切ってセミナーなどを企画してみるのも良いかもしれません。

セミナーの開催には非常に多くの時間と費用が掛かると思いますが、もし上手く行けばセミナー参加費用だけでそれらのコストは回収できますし、さらに自分がおすすめする商品に対して強いニーズを生むことができるでしょう。

まぁこれは、例えて言うなら与沢翼さんのような世間では詐欺師・ペテン師と名高いような方がよく使う手法ですので、実施までのハードルは高いのですが稼げる仕組みであることは間違いありません。

ニーズアップの仕組みその4 期間限定イベント(プレミアム)の実施

  • 実施コスト:小~中
  • 実施効果:中~大

こちらは上述の無料プレゼントとは違い、実際に販売する商品にプレミアム感を付与する手法ですね。

例えば「当サイトから登録すれば500円キャッシュバック!」みたいな謳い文句を、皆さんもどこかで一度は聞いたことあると思います。

後は「1週間だけの限定セール!」とか、「先着100名様にだけ特別奉仕!」みたいなのもこれに当たります。

昔からよくある、そして効果の高いニーズアップの方法ですよね。

ただし、これらは通常のアフィリエイトの仕組みとは違い、あなたと広告主(もしくはASP)との間に深い信頼関係が無いと実現できないため、まず最初にしっかりとした利益を出せるようになってからでないと使えない方法だったりもします。

長期的か短期的か、戦略によって仕組みを変えましょう

思いつく限り、アフィリエイトで稼ぐための仕組みを全て書き出してみたのですが、手軽に稼げてしかも長期的に安定する夢のような仕組みはやっぱりありませんでしたね。

手軽にできる仕組みは短期、超短期でしか使えませんし、長期的に安定する仕組みはやはりそれなりの手間が掛かります。

世の中って本当に上手くできてますよね(笑)

ですので、これらの仕組みを使う時は、自分がどのような戦略でアフィリエイトを進めていくのかをきちんとイメージしてから使うようにしましょう。

長期的に安定して稼ぎたいならSEO対策からしっかりと行い、そうではなく短期的で構わないのなら広告の出稿やSNSでの拡散を主な仕組みとして利用して行くのが良さそうです。

戦略と合致した仕組みを使う、結局それが最も効率の良い仕組みなんだと私は思います。

▲拡散してくれると嬉しいです!▲

ベテランアフィリエイターによる有料SEO相談、受付中!

月間200万以上を稼ぎ出すアフィリエイターが、あなたのサイトのSEOに関する相談を受け付けます!詳しくは以下のリンクをクリック!

>> SEO相談

管理人も使っているおすすめレンタルサーバー